RSS1.0

ナッキーの不定期日記

 ++ nacky blog ++
HOME > DIY・もの作り > 釣具の工作

釣具の工作

今日の午前中は娘と公園で遊んでたら雨雨が・・・
なので、以前からやろうと思っていたクーラーボックスの改造と、魚探の振動子ポールを作ることにしました。

まずはクーラーボックス。
安物のクーラーボックスは簡単に中側と外側を分解できます。
中に入ってる発泡スチロールに100円ショップで買った、薄いアルミシートを貼り付けます。
クーラーボックスにアルミシートを貼る
これで保冷力アップ!
これから暑くなるからね

次は、魚探の振動子を固定するポール。
市販の物を買うと1万円前後もするので、自作することにしました。
ポイントは、ボートにしっかり取り付けられる事。
ボートの移動や水の抵抗でバーが取れたり、ガタガタしない事。
錆びにくいアルミやステンレス材料を使う事。

ボートに固定するクランプには、小型の竿かけを使いました。
小型の竿置き
もともとボートにしっかり固定するように作られているので、これが一番イイかなと。
あとは、補助固定にT型のステンレス製金具を加工してネジで固定します。
T型の-(横)の部分はバーを包み込むように曲げて、|(縦)の部分は切ってバーが水圧で曲がらないようにするため、竿掛け側に折り曲げます。
T型金具

バーは長さ900mm幅20mmのアルミ製の平棒を使用。
取り付ける場所を変えられるように数カ所、丸穴をあけておくとよいでしょう。
アルミ平棒

取り付けた状態。
取り付けたところ

完成品はこんな感じ。
自作振動子ポール

出来上がりは、しっかりしていてバッチリちょき
後は実際に使ってみてどうかだね。

【材料費】
小型竿置き1480円+その他金具600円
買うより全然安いおうかん

  この記事をTwitterでつぶやく
コメント (2)トラックバック (0)評価(2人)
1年前の今日の記事 • スカイプ待ち合わせボード  
3年前の今日の記事 • 悲しいお知らせです  
この記事は役に立った?面白かった?ですか 5段階評価でどうぞ
1  2  3  4  5
この記事の平均評価: (2人)

▼ 関連記事(最新10件)
コメント
(1) PCから投稿 いたち  2007/06/25 |V8oV5jGk|
>魚探の振動子を固定するポール
私と同じ道を歩んでいるねぇ~(藁)

漕いでる時の水の抵抗が結構あるんだよね。
ボートの横に付けると抵抗で上がっちゃうことが多かったよ。
上がらないようにボートの後ろとなるとボートの縁が結構厚かったりして、
取り付けられなかったりすることも多かったな。

そして、ポールを買ったのでした(藁)

(2) PCから投稿 ナッキー  2007/06/25 |fHI.pecQ|
同じ道だった(^^;
水の抵抗って結構あるからね。
とりあえず使ってみてから改良するか考えます。
いたちさんと同じ道を歩むのかもね(笑)

PAGE TOP ↑
コメントする












HOME > DIY・もの作り > 釣具の工作

PAGE TOP ↑