AndroidでWifiに再接続できない・モバイルデータ通信が切れる

最近、家族のスマホを2台買い替えました。

AQUOS sense4 lite Android11
楽天モバイル版をmineoのSIMカード(ドコモプラン)で運用

Motorola moto g9 play Android10
通話docomo FOMA SIM + データ通信mineo(ドコモプラン) デュアルSIMでDSDV運用

どちらもちょっと不具合がありました。

AQUOS sense4 lite はスリープから復帰したときなどWi-Fiに繋がらないときがある。
手動で接続しようとしても繋がらない。
この状態に気が付かずYouTubeとか見ちゃうとモバイルデータを大量に消費しちゃいます。

調べてみるとAndroid10以降はデフォルトで「MACアドレス」が「ランダムMACを使用」になっていることが原因のようです。
[デバイスのMACを使用]に変更します。

[設定]→[ネットワークとインターネット]→[Wi-Fi]接続中か接続したいWi-Fiのネットワークをタップ(SSID個別の設定になります)
[詳細設定]→[MACアドレス]→[デバイスのMACを使用]を選択します。

一週間くらい様子を見ていますが、今のところ改善したようにみえます。
※[デバイスのMACを使用]にするとセキュリティーが低下しますので、自己判断でお願いします。

Motorola moto g9 playは時々モバイルデータ通信が切れて再起動しないと通信できないときがある。
タスクバーの4G表示がHになったまま。

mineo ドコモSIMカードを使用しています。
APNの設定で[MVNOの種類]を「 SPN 」にしたら一週間ほどたっても不具合はでていません。
もう少し様子を見てみようと思います。

楽天モバイルをmoto g6で使う

先日、UMIDIGI A3 Updated Edition Android9にRakuten UN-LIMIT V のSIMカードを入れて設定しました。

家族がスマホを買い替え、Motorola moto g6 が余ったので、こちらにSIMカードを入れることにしました。
超~非力なUMIDIGI A3よりmoto g6 ではRakuten Link の通話で改善が見られました。
途切れることがあるものの、何とか会話にはなりそうな感じ。

データ通信
楽天エリア 〇
パートナーエリア 〇

通話・SMS
楽天LINK 〇
VoLTE ×
標準通話アプリ ×

設定を書いておきます。

まず、設定→モバイルネットワーク→優先ネットワークタイプを「4G only」にします。

次にAPNを2つ作ります

1.新規にAPNを設定
APN名 RakutenMobile(お好きなお名前でOK)
APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
APNタイプ default,supl,dun
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
ベアラー LTE

入力したら保存します。

2.続けて新規APNを設定
APN名 ims
APN ims
MNC 11
APNタイプ ims
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
ベアラー LTE

入力したら保存します。

端末を再起動します。

moto g6は重いゲームなどやらなければ、レスポンスに問題がないので快適です。
楽天RINK通話も友達となら使っても良いかなってところです。

楽天モバイルをUMIDIGI A3で使う

一ヶ月ほど前にRakuten UN-LIMIT Vに新規契約した。
AQUOS sense4 liteも同時購入しました。

目的は2つ
1.楽天モバイルがどれだけ使えるのか試したかった。
 ※メインにするには不安があるのでサブ機として使う。

2.子供の入学祝いに新しいスマホを買いたかった。
 ※楽天ポイントが付くので安く買えます。

購入した端末は子供にプレゼントしてmineoのSIMカードを入れて使っています。

楽天モバイルのSIMカードは、余っていたUMIDIGI A3 Updated Edition Android9に入れました。
ただ、そのままでは使えません。
楽天の使える端末リストには入っていないのでネットで情報収集。

以下の手順でデータ通信とRakutenLink通話とSMSはできました。
残念ながら標準通話アプリは使えませんでした。

1.新規にAPNを設定
APN名 RakutenMobile(お好きなお名前でOK)
APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
APNタイプ default,supl,tether
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
ベアラー LTE

入力したら保存します。

2.続けて新規APNを設定
APN名 ims
APN ims
MNC 11
APNタイプ ims
APNプロトコル IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル IPv4/IPv6
ベアラー LTE

入力したら保存します。
※imsの設定はラジオボタンはありません。

3.標準電話アプリを開いて「*#*#3646633#*#*」とダイヤルするとエンジニアモードが開きます。
スクロールして「NetWork Selecting」を選択する
「SIM1」と「SIM2」あるので、私は楽天モバイルのSIMを1に入れたのでSIM1を選択。
「set preferred network type」を「LTE only」にする。

4.ふたたび標準電話アプリ開いて「*#*#3646633#*#*」とダイヤルしてエンジニアモードを開く。
「IMS」を選択し、「SIM1」「SIM2」※楽天のSIMを入れたほうを選択
「VOLTE Setting」を探して「CMW500 setting」を選択して「SET」を押す。
1つ前の画面に戻って「Misc Feature Config」を選択
「hVolte」という部分をタップして「bSRLTE」を選択
同じ部分「bSRLTE」をタップして「hVolte」に戻す

設定が終わるとRakutenLinkが使えるようになりVoLTEが有効になります。
スマホを再起動するとVoLTEがオフになるので「Misc Feature Config」を選択
「hVolte」という部分をタップして「bSRLTE」を選択
同じ部分「bSRLTE」をタップして「hVolte」に戻す
を実行する必要があります。

以上で設定は終わりです。

●楽天モバイル回線のみ使用したい場合
私の自宅は楽天回線が使えます。
楽天回線のみにしたい場合は、先ほどのエンジニアモードに入り
「BamdMode」を選択
「SIM1」「SIM2」楽天SIMを入れたほうを選択。
Band18 と Band26 のチェックボックスを外して「SET」を押す。
※楽天モバイル=Band3 KDDI(パートナー回線)=Band18とBand26

●使ってみて
RakutenLinkでの通話は、音が途切れたり、聞こえなくなったり、雑音が入ったり・・・
正直、通話としては使えないと私は思っています。
LINE通話の方が音質は上です。
※あくまでも私の環境での話です。

データ通信は首都圏に住んでいることもあり良好。
ただ、今後パートナー回線が少なくなるようですので、その時はどうなんでしょう?

現在の私の結論としては、メインには使いたくありません。
理由としてはRakutenLink通話品質が良くないから。

無料期間が終わってもデータ通信は1GBまで無料で利用できますが、メインに使ってるスマホのデータ通信量も毎月余っているので、わざわざ楽天を使うこともないと思います。
放置しても無料なので解約しないかもしれませんが、持っていても使い道がないかも?