DVDの道のりは長い・・・

テストでDVカメラからDVD-RWにダビングしてみる。
ゲッ・・・ビデオテープにダビングしたときより、映像が悪い。
しかも、音飛び、映像も飛ぶ。
これじゃ~意味無いじゃん。

さっそく、いろいろ調べてみる。
USBでは、転送速度が遅すぎて映像が飛ぶ。
DVDドライブにおまけで付いていたDVDを作るソフトは、ハードディスクにデーターを保存せず直接DVDに書き込んでいるのが原因っぽい。

USB転送をやめて、IEEE1394(i-link)で転送(IEEE1394インターフェースボード購入)
そして、ハードディスクにMPEG-2またはAVI形式でデータを書き出せるソフトを購入。

http://www.sourcenext.com/products/power_ddcp/
安いけど、これで十分?

DVカメラ→MPEG-2またはAVIでPCに保存→DVD-Video形式で書き込み
これで、キレイなDVDのできあがり・・・の、はず。

IEEE1394ケーブルは規格を間違えて買っちゃったので、交換してからじゃないとできないんだけどね(^^;

なんだか、ハマっちゃったみたいね。
すでに、めんどくさくなってきたけど、先が見えてきたのでもうちょっとやってみるか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。