フィジーに行ってきた

fiji_01.jpg fiji_01.jpg
2004年10月11日~16日までの6日間、フィジーに行ってきました。
日本からフィジーまでは成田空港から8時間30分です。

fiji_01.jpg
ガイドブックやインターネットでも、まだまだ離島にかんする情報が少ないので書き留めておきます。
これから行ってみようと思ってる方の参考になれば幸いです。
何も考えずに書いているので、まとまりの無い文章になってます、あしからず・・・

最初の3日間はTreasureIsland(トレジャーアイランド)という離島に宿泊した。
fiji_01.jpg

本島から船で1時間くらいにある小さな島です。
fiji_01.jpg fiji_01.jpg

歩いても15分くらいで一周できます。
早朝に到着したので初日は眠い・・・
ウエルカムシャンパンを飲んで昼寝もした。

fiji_01.jpg
島にはテレビもラジオもない。
インターネットができるパソコン・電話ボックスはありました。
そのほかの娯楽は、ビリヤード・卓球・ビーチバレー・テニスくらいかな。
ガラス張りの結婚式場もあったよ。

fiji_01.jpg
食事はすべてレストランで食べます。
スーパーやコンビニは無いので、お腹が空いてもレストランがクローズの時間だと我慢するしかないので腹ぺこに(笑)
小さな売店もあるけど飲み物や、ちょっとした日用品くらいしかありません。
バーはいつでもお酒やソフトドリンクが買えます。
フィジーゴールドというビールがうまかったです(^^)

アクティビティー・イベントは、早朝フィッシング・カヤック・シュノーケリング・蟹レース・ジェットスキー・体験ダイビング・パラセーリングなどなど・・・

フィジーでは、地元の人と同伴じゃないと釣りをしてはいけないとガイドブックに書いてあったので釣り道具は持っていかなかった。
行ってみてわかったんだけど、ビーチ周辺にはサンゴがたくさんあります。
勝手に釣りをしてサンゴにキズを付けたり海を汚さないようにするためなんだなーと感じた。
フィジーの人は海を大切にしていて、洗濯物などは島で洗濯せず本島に送って洗濯が終わったら返してもらう様にしている。
できるだけ海を汚さないという気持ちが伝わってくるよね。
毎日ベットメーキングしてくれるんだけど、タオルがなかったりするのは洗濯物が帰ってきてないんだよね、きっと。
最初は、タオルを置いていくのを忘れてるんだと思った。

fiji_01.jpg fiji_01.jpg
一つの建物に2部屋あります。
お隣さんの声も良く聞こえるね(^^;
エアコンと扇風機がありシャワーのみ。
朝晩は冷えるからいらないかも?

fiji_01.jpg
夜になると部屋の中をトカゲがウロウロ・・・
何もしないので気にしなかった。
よ~く見るとかわいいかも(笑)

玄関には鍵があります。
が、到着時に鍵を渡されなかったので、それだけ治安がいいんだなぁ~と思っていたら、ただの渡し忘れだったみたい。
2日間、鍵無しだったけど問題は無かったよ。

貴重品はフロントで預かってもらえます。
部屋にセキュリティーボックスはありません。

島では、食事やアクティビティーなどルームナンバーを言えばお金は不要です。
最後にまとめて支払いとなるので、クレジットカードや現金を持ち歩く必要はありません。

ドライヤー・シャンプー・石けんはありますが、ヒゲ剃り・歯ブラシはないので持っていきましょう。
虫はあまりいないけど”カ”がいるので、蚊取り線香を持っていくとGOOD。

困ったときはYUMIKOさんという日本人スタッフもいます。
留守にしてることもあるようですが、食事をしてるときに「何か困ったことは無いですか?」と日本人を見かけると声をかけてくれます。
心強いですね。
ちなみに私たちが行ったときは、オーストラリア人?がほとんどで、日本人は1割弱くらい。
他はインド人?韓国人?がいたかな。

fiji_01.jpg
ビーチは人も少なくとてもキレイです。
物売りも来ないし、とても快適!
アジア系やサイパンなどは、物売りが多いのでイヤだったのでフィジーの離島を選んだ理由の一つでした。

アクティビティーの一つであるシュノーケリングトリップは超・お勧めです。
ポイントまでボートで連れて行ってもらい海へ入るんだけど、生きたサンゴ・数百匹の熱帯魚はこの世のモノとは思えないくらいキレイでした。
水がきれいなので水深15~20mくらいの所でも見えちゃいます。
泳ぎに自信のない人でも、ライフジャケットを貸してくれるので安心。
キラキラした魚・・・今でも目に焼き付いてるな~。
とにかく最高!

fiji_01.jpg fiji_01.jpg
早朝フィッシングは無料のアクティビティーです。
朝6:30~8:00まで手釣りで釣りをします。
エサは魚の切り身。
20~35cmの熱帯根魚?が釣れました。
水がキレイなので船の底が一部ガラス張りになっている所から魚がエサを食べているのが見えます。
fiji_01.jpg
釣った魚は$8で料理してくれます。

fiji_01.jpg fiji_01.jpg
帰国前日はタノアインターナショナル(TANOA International)というリゾートホテルに泊まりました。
海から離れてるんだけど、とてもキレイなホテルだった。
島にくらべると、なにもかもが近代的に見えた。

fiji_01.jpg
お土産を買いにナンディ(NADI)の町へでてみると、メイン通りは大渋滞。
車は99%?日本車だ。
中古車が入ってくるのかな?スターレットとか懐かしい車も見かけました。
それにしても排気ガスがすごくてノドが痛くなったよ。
人も多くて疲れるね(^^;

「ありがじゅう」とか「ゲッツ!」とか言って日本語が上手なインド人店員と話しながらお土産を買った。
めんどくさいお土産を買った後は、スーパーに行って明日の朝食・飲み物とか怪しげな?食べ物を買った。
超・まずかったね(笑)

本島の海は、離島に比べると日本よりぜんぜんキレイだけど少し汚い。
時間がなかったのもあるけど、海に入る気はしなかったなぁ。

fiji_01.jpg
不便はいろいろあるけれど、またフィジーに行く機会があったらやっぱり離島に行きたい。
静かでフレンドリーな島は、ホントに心から休まります。
ず~っとこのままキレイな海であってほしいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。