夏休みの親子工作とカキ氷屋さん

今日の午前中は「夏休み親子工作教室」に行った。
小学校の体育館で、やったんですが暑くて暑くて・・・
事前に本棚やタイル絵、竹馬など作りたいモノの希望を提出し、当日は子どもと一緒に工作をします。
夏休みの工作
娘の作りたいモノは「迷路」
めんどくさそうだな~と思いつつ、子どもの希望を尊重することに。
材料は準備してくれているので、必要なモノをチョイスして工作開始。
釘を打ったり、のこぎりで木を切ったり、できるだけ子どもにやらせるようにしてみましたが小1ではなかなか思うようにいかず・・・
それでも1時間くらいで何とか迷路が完成!
迷路完成
まだ2時間も時間が残っていますが、新たに余計なものを作るとゴミになるので(笑)適当にボーっとしておりました

夕方は、盆踊りのお手伝い。
娘が子ども会でバトミントンを習っていてお世話になってますので、こんなときじゃないとお役に立てないので私も嫁も積極的に参加。
バトミントンを習っている人は「カキ氷屋さん」担当です。
綿菓子、焼きそばなど、屋台のほとんどは子ども会のボランティアで運営しています。
カキ氷
私にとっても初めての「カキ氷屋さん」
暑いので、休む暇もなく100円のカキ氷は飛ぶように売れます。
娘は、かき氷にストローをさしたり、「かき氷いかがですか~」と声をだしたり。
ちょっとお仕事気分で、いい経験になったんじゃないでしょうか。

少しは、お役に立てたかな?
お祭りの裏方を経験するなんて意外だね。

疲れたけど楽しかった一日になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。