BB.Excite モバイルlteからBIC SIM(ビックシムに乗り替え

MVNO低速SIMを「BB.Excite モバイルlte」から6月14日発売の「BIC SIM(ビックシム)」乗り替えました。
使用端末はXperia SO-01B(Android2.33 rooted)です。
ビックシム

どちらもiijmio系のSIMなので、それほど速度は変わらないと思いますがビックシムには公衆無線LANの「wi2 300」も利用できます。
通常ならWi2は月額380円です。
3G回線も込みで948円はお得

正直、3G回線があればWi-Fiは必要ないかな?とも思ったんですが、ipod touch をいちいちテザリングしなくてもネット接続できるので私にとっては少し便利かなと。

Wi2 300 は私の通勤エリアに非常にたくさんのアクセスポイントがあります。
最寄りのバス停、東横線全駅(一部、車両内で利用できるらしい)などで利用可。

SIMを乗り替えるのに事務手数料がかかっちゃうけど、これだけのサービスが月/1000円以下なんてすごいな~。

【2013.06.26追記】
数日使ってみての感想です。

まず、Xperia SO-01B(Android2.33 rooted)で3G通信についてです。
何度かスピードテストしてみましたがBB.Exciteは下り220kbps前後、BIG SIMは下り250kbps前後で同じiijmio系でもiijmio直の方が少し速いようです。

公衆無線LAN wi2 300は主にipod touch で使ってます。
iijmioとは別ID管理なのでSIMを差した端末じゃなくてもPCやゲーム機などでも使えます。

東横線全駅、利用しているバス停すべてがエリア内になりますので、通勤だけならWi-Fiのみで時刻表の確認、メールチェックなどはできてしまいます。
ただ、電車、バスが動いているときはNGなのでやっぱり3G通信ですね。

ちなみにWi2のログインはMACアドレス登録をしてあるので、エリアに入ると勝手につながります。
外ではめったにネット環境を必要としない嫁のREGZA Phone T-01CのMACのアドレスも登録しました。
普段は、家のWi-Fi専用(SIMなし)だけど、外でも使えるほうが良いでしょう。
※MACアドレスが5個まで登録できます。

通勤電車や人がいっぱいいる場所ではつながらないときもありますね。
まぁ、わざわざXperiaからテザリングでつなぐのも面倒ですから、ないよりあった方がイイって感じでしょうか。

モバイルの通信手段が増えて便利になりましたが、私には通勤だけだと過剰サービスかも知れません(笑)
バンドルクーポンは旅行中に嫁のNexus7とテザリングするときなどにも助かります。

【2013・11・03追記】
iijmioは有料ですがSMSにも対応したみたいです。
MVNOでは「セルスタンバイ問題」というバッテリー消費が非常に早い難点がありますが、これで解消されると思います。
セルスタンバイについては、私が説明するほどでもなく検索すればたくさん情報があります。

5か月くらい使って日々の使い方は、朝は低速モードでネットラジオを30分くらい聞いて、それ以外はすべて高速モードで乗換案内やニュースなど30分程度使っています。
それでもバンドルクーポン500MB中、月に使用するのはせいぜい200MBくらい、毎月300MBは捨てています。

これ以上は、今のところ必要ないので非常に満足しています

【2014.11.21追記】
複数枚SIMカードが必要になりBB.exciteのSIM3枚コースに変更しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。