7月でWindowsXP(SP2)サポート終了

Windows 2000とWindows XP Service Pack(SP2)のサポートが7月13日に終了します。

サポートが終了すると、セキュリティーアップデートなどのプログラムが提供されなくなるので、XPをお使いの方はお早めにService Pack (SP3)へアップグレードすることをお勧めします。

バージョンの確認方法は[コントロールパネル]→[システム]で確認できます。
システムプロパティ
SP2からSP3にアップグレードした場合、パソコンのスペックや環境にもよりますが、だいたい2時間前後かかります。
暇なときにやりましょう(笑)

SP3へアップグレード後、自宅では特に問題がありませんでした。
まだ検証中ですが、会社の環境ではファームウエアやドライバをアップグレードしても、使えなくなったプリントサーバがありました。

古いプリンタ、スキャナーなどの周辺機器、そしてソフトウエアなどで不具合がでる場合もありますが、サポートが終了してしまうのでSP3にするしかないでしょうね。

Windows XP SP3のサポートは2014年4月まで提供される予定です。

2件のコメント

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249
    先日、Windows7にしてみました
    vistaからだったのでスンげー早く起動します
    こんなに違うんだったらもっと早くやっとけばよかったよ・・・

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.450
    Vistaって、そこそこのPCスペックでも、な~んかモサモサしてるね。
    7は使ったことないけど、速いらしいね。

    ・・・最近はWindows××話は存在感がうすい気がするね。
    スマートフォンやモバイル端末の方が興味あるし元気がいい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。