アジの開き

今日は、先日釣ってきたアジを冷凍しておいたので干物にした。
この時期、気温も低いので太陽があたるようにベランダの外側に干しました。
アジを干しています
ひもが取れて隣の家に網ごと落下するハプニングもありましたが、風もあったので上手にできたと思います

作り方はアジを腹開きにして塩水に30分ほど漬けます。
調べてみると、塩の量は水に対して3~8%くらいの人が多いのです。
魚の脂の乗り具合でも塩分を変えたりもするそうです。
塩もショッパイのやショッパクないのがあるので、どうなんでしょうね?

私は測るのもめんどくさいし、ピンとこないので味見しながら海水より少し濃い目の塩分濃度にして漬けてみました。
まだ食べてないので味はわかりません。
ショッパイと食べられないので、塩分控えめで食べるときに塩を調整したほうが無難かな?
中には大量の塩を入れてサッ!と漬けるだけという人もいました。
塩は、ある一定量を超えると水に解けなくなるので、この方が味が安定するのかも知れません。

魚の量が少ない時は直接パラッ!と塩を振っても良いそうです。
開き完成
5時間ほど干して完成!

2件のコメント

  1. AGENT: Opera/9.80 (Windows NT 6.1; U; ja) Presto/2.6.30 Version/10.63
    こうやってアジの開きって作るんですね。
    わたしは、最近やっと… 魚を
    腹から開いてさばけるようになりました^^;

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.450
    女性でも魚をさばける人は少ないですよ。
    私も素人ですが、釣りが趣味なので釣ってきた魚をさばかないワケにもいかず・・・
    せっかく食べるなら、美味しく食べたいので見よう見まねでやってます(^^ゞ

    スーパーなどで売ってるパサパサした干物より、自分で作ったジューシー、ホクホクな干物の方が美味しいです(^^)

    水分量が多いと腐りや痛みが早いので、日持ちさせるにはパサパサに干したほうがいいからなんでしょうね?
    極端な例だと、煮干や乾燥エビになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。