XPERIA SO-01Bでテザリング

b-mobileイオンAプランの端末としてモバイルルーターHW-01Cを使用していました。
XPERIA SO-01B を手に入れたので、スマートフォンにSIMを入れて使ってみた。
直接SIMを入れた端末でネットを使う方が、やっぱり速いね。

とはいえ、ipod touch で通勤電車で産経新聞を読んだりオフラインニュースを読むのが私の日課。
まだipod touch がメインかな。
Android版の産経新聞は有料みたいだし・・・
アップルにはないアプリがAndroidマーケットにあったりして、それはそれでおもしろいんですけどね。

従来の携帯電話・ipod touch ・xperia・HW-01C(モバイルルーター)の4台持ちはバッテリー管理も含め大変。
なので、xperiaをテザリング(無線LANアクセスポイントになる機能)できるようにしました。
これでxperiaでもipod touchやパソコンも外出先でネットにつなぐことができます。

もともとxperia SO-01Bはテザリングには対応していません。
ですがroot化(管理者権限)して、アンドロイドマーケットから「Barnacle Wifi Tether」というアプリをインストールするとテザリングできるようになります。
※Android2.1のままでも可能です。
ちょっと手こずったけど何とか成功。
私が説明するまでもないので、興味のある方はググってみてください。

【2012.01.21追記】
「Barnacle Wifi Tether」の設定でWEPキーがうまく設定できなかったのですが「Auto Associate」のチェックボックスを外したら、WEP設定できるようになりました。

【2012.10.12追記】
Androidの産経新聞アプリは7インチ未満は無料7インチ以上は有料に。

その後、Android2.3.3にROMを入れ替えました。
標準でテザリング機能があるので「Barnacle Wifi Tether」アプリは不要になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。