ドコモが不正入手した携帯を利用制限・確認も

ドコモは10月1日より盗難や本人確認書類の偽装により不正入手された携帯電話の利用制限を開始した。

docomoの報道発表資料

Yahooや楽天オークションで盗品などが出回っていると言う話はよく耳にします。

ドコモの「ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト」に15桁の製造番号を入力すると、不正入手した携帯か確認することができます。
私の携帯は本体のバッテリーを外すと製造番号を確認できます。

そしてオークション出品商品にも随時、携帯電話の固有番号の表記を義務づけるようにするそうです。
8月にオークションで買った私の携帯は大丈夫でした(^^)

SoftBankも近いうちにシステムを導入するようですね。
ドコモもSoftBankもSIMを入れ替えるだけで、別の携帯を使うことができるので手軽な反面、不正入手した携帯が出回りやすいんでしょう。

auは、ショップでSIMロック解除(事務手数料がかかる)が必要なので、不正入手したとしても手間と費用がかかるので、このような事は少ないのかも?
以前ドコモからauにMNPしようと考えた時期もありましたが、手軽に機種を買い増ししたり出来ないので「めんどくさそう」と思ってやめた。

どっちがいいのか?
事務手数料が無料で、auみたいなシステムがいいのかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。